J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

色々と問題ありのサックワンピース

_MG_2323.jpg

ちょっと厚手のコットンがあったので、フレアーブラウスで余った布を脇に使い、ワンピースを作りました。こんな感じにどんどんと継ぎ接ぎしていくと、中途半端に大きなハギレがなくなるから嬉しいわぁ〜 まっ、そう簡単には行かないけどね。

パターンはHooray!さんのサックワンピース。最初なのでMサイズからのアレンジはなし。下に書いたけど、やんごとなき理由により、丈はマイナス5センチになってます。

布はHARUさんで、素材はコットン100%と思われます。コットンだけど冬用らしく、ちょいと厚手。しかも、ちょっと硬いな。これだとギャザーが入るものは巨大化するし、フレアーは気をつけないとランプシェードになる危険あり。で、ストンとしたサックワンピースにしたわけです。それでも脇が気になるので、柔らかめの無地を入れました。見返しやポケットの内袋は残りを使ったから、これでこのグレーは使いきり

IMG_3840.jpg

作り方で唯一気を使うのがポケットでしょうか。脇布と見頃に境目ができないよう、ギリギリに付ける必要があるから。通常縫いの押え金で、左にポケットが来る位置で脇布と前身頃を縫ってたら、ポケット厚の段差で押え金が滑落 そのままズルズル元ルートには戻れず。それならばと逆から縫ってみるも、今度はギリギリすぎてポケット口を塞いでしまいました。微妙な所で動かしながらやり直し。そんなこんなで裏側は目も当てられない状態だけど、表からはポケット口があることが分からないくらいに縫えてるから「まあいいか」にしておきました。

えっ?何か違和感あるって。はいはい、気づく人は??と思うよね。正解です。綾織が右から下になってます。つまりは布の表裏が逆ってこと。表側は少しケバ立って色がボヤけてるけど、極端じゃないから取り違えたのね。織りで見たら簡単だったのに。しかも、一番手間のかかる表身頃完成後に気づいた。やり直しはありえないから、全部裏を表にしちゃったの。しかし、自分でもビックリよ。これ、布の基本でしょ、基本。コーデュロイやボアの逆目と同じ。ほんと、アホですねぇ。

IMG_3836.jpg

そしてアホついでに、最後の裾上げまで見落とされていたのが、↑写真の織りキズ。仕方なくキズが隠れるまで5センチカットしました。ただ、もともと着丈105センチ上がりと長かったので、カットしても膝が隠れます。結果、タイツにブーティーがバランス良い丈になりましたわ

布が硬めだから、着心地は良くないけど、この垢抜けない柄が妙に懐かしくて普段着ならいいかなって。まあ、ワンピよりパンツのほうが布の特性的には良かったけどね。気づくのはいつも完成後だ...

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2820-5e5a7d9c
該当の記事は見つかりませんでした。