J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

サックサクの自家製揚げあられ♪

IMG_3973.jpg

母の実家から届いた海苔餅を乾燥させ、揚げあられを作りました。海苔餅とは、普通の餅に青のり、金ゴマ、柑橘の皮を混ぜてナマコ型にしたもので、田舎ではこれを5mmくらいにスライスし、おやつ代わりに焼いて食べていたそうです。醤油でいただくと煎餅みたいになるから、何もない時代の子供達には人気のスナックだったようです。海苔以外は醤油も自家製だから、私からすると贅沢な話です。

IMG_3974.jpg

作り方は簡単。餅が固くなる前に細かくカットし、日陰で二週間ほど干したら準備完了。これを低めの油で揚げるだけで、サックサクのあられが出来ます あとは暖かいうちに、お好みの味付けをするだけ。今回は、岩戸の焼き塩をふりかけました。

写真は元旦にカットして今日まで干してあったもの(暖かい室内だとカビるかも)。ちょうどイイ感じに乾燥してます。これ以上やると揚げた時にバラバラになっちゃうので見極めが肝心。

IMG_3975a.jpg

このお餅は焼いてもプーっと膨らまないタイプ。揚げたものをアップで見ると、小さなツブツブの集まりみたいになってます。作っているところを見たことがないので何とも言えないけど、普通の餅は臼の中に蒸した餅米を入れたら、とにかく杵で水を加えず練り練りするのが伸びる餅を作るポイントだと聞いてます。つくより重労働らしいから、ここは若い男の仕事らしいです。でも、海苔餅は膨らまないから、多分、そんなに練らないのかなと。だから、このツブツブは米じゃないかと思ったりしてます。正解はわかりませんけどね。

ちなみに、普通の膨らむ餅を揚げるとあられも膨らみます。パン!てなる時もあるから怖いの。でも、海苔餅は静か過ぎて怖いくらい。そして安全

どっちにしても、乾燥餅を揚げると、びっくりするくらい軽くてサクサクのアラレが出来ます。最初からあられ目的でお餅を準備していない場合は、乾燥して固くなった餅をトンカチで砕くって方法もあるらしいですよ。行き場のないお餅があったら、試してみてね

岩戸の塩 小 ...

岩戸の塩 小 ...
価格:820円(税込、送料別)

Category : 食べ物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2838-694698e2
該当の記事は見つかりませんでした。