たんこぶニットキャップ

_MG_2391.jpg

fukateakaさんの「たんこぷニットキャップ」を作りました。布(waffle)を買うとついてくる無料型紙なので、パターンだけの販売はありません。

_MG_2364.jpg

素材はウールでなくコットン。「ローゲージの希少な編み機を駆使して編んだ、しっかりとした厚みのニットライクなワッフルです」との説明がありました。ウールだとチクチクして、ニット帽を楽しめない人もいるからでしょうか。その意味ではお肌に優しいニットキャップです

仕様では縫っておしまいだけど、表裏を固定する意味で、たんこぶの下で表裏をチクチクとめ、リブもズレないようにチクチクしたほうが良いですね。一手間だけど、これをやるとやらないとでは大きく違うような気がします。

_MG_2365.jpg

写真のようにリブの部分を伸ばすと、耳から襟足からぜーんぶ隠れます。

ところで、このパターンは、二種類のキャップが作れるようになってるの。一つはたんこぶ付き、もう一つはたんこぶなしのリバーシブバージョン。たんこぶがないと、その分布が節約できるメリットもあります いつものように、1枚目だから基本形アレンジなしのたんこぶ付き(中綿なし)。ただ、裏はリブと同じスパンテレコにしました。これは正解だったかも。というのは、この凸凹がキツい布が二重だと、たとえ暖かくても特に縫い代が分厚くなりすぎるから。

色違いでグレーも買ってあるので、私としてはこちらが本番ですね。紺もいいけど、コットンだと濃い色はどうしても白っちゃけるのが悲しいわ。コットンニットの最強はやっぱりグレーですわ さっそく、グレーも作らないとね。ちなみに、グレーはたんこぶなし。理由は、紺とグレーで被り方が違うからでーす
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment