縫い代をビニコで包んだ外ランチバッグ

_MG_2405.jpg

ソレイアードの人気柄・色で外ランチバッグを作りました。やっぱり、これ、可愛いです

_MG_2409.jpg

発展途上ということで、今回も新たなことに挑戦。といっても、縫い代の始末なんですけどね。

これまでは、自分用は切りっぱなし(たたみやすいのだ)、嫁がせる子たちはバイアスで包んでいました。でも、特にこのピンクって微妙な色だから、裏側の色に合わせても変だし、妙に可愛かったり、派手な色柄も合わない。ということで、共布処理してみることにしました。

ビニコだから通常のパイピング式は縫い代ばかり厚くなり、見た目もそうだけど第一ミシンが動かないからNG。なので、切りっぱなしのバインディング処理です。勇気を持って挑戦したら、なかなかの調和っぷり。当たり前だけど、本体に同化してる

_MG_2417.jpg

もうひとつ、本皮にスタンプしてタグを作ってみました。でも、これって限界あるなぁと。というのは、本皮ってしっかりしていると厚くなりビニコには不向き。かといって薄いとテロテロでとても扱いにくいし、ミシンの押さえ圧で縫い目の横の革が歪んでくる。それにコバ処理しないとケバケバが見えてどうもなぁと。そこまでして作りたいか?否。てことで、今後はタグについてちょっと考えることにしました。

同じ仕様で何個も作ってるけど、手順間違えたり、ぼーっとミシンかけてて失敗したりとミスはなくなりません。いつになった「お任せを!」って言えるようになるのかしら。うーん、永遠に来ない気がするのはなぜだろう...

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment