J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

ログウッドで染めた2色のストール

_MG_2424.jpg

昨日は大雨の中、横浜のUmiのいえさんまでログウッド染色に行ってきました。生徒さんは私だけだったので、のんびりまったり...というか、ここはそういう所なんですよね(全室畳だし、部屋の仕切りは暖簾だし、どなたかのお子さんがバタバタ乱入したり、無垢な笑顔で癒やしてくれたりなの)。

名称未設定-2

先日の茜染めは、まず染色する布をミョウバンを入れたお湯に浸し、それから茜液で染めました。対してログウッドは、最初にログウッドで煮て、その後染めたい色に合った媒染剤に浸して色付けします。ログウッド自体はクランベリージュースみたいな美味しそうな色なの。それを錫と鉄溶液に浸すと、写真のように錫は紫根、鉄が黒に変化!まさにリトマス試験紙。

_MG_2418.jpg

今回持って行ったのが、コットンガーゼのストール。「田中直」さんから通販した染色用の完成品で、濃く染めるために自宅で豆乳液に浸して乾燥させたものを持参しました。参加者が私だけだったので、鉄溶液の中で布モミモミをしっかりやってみました。そのおかげなのかな、結構黒く染まりました(乾くと白っぽいグレーになったけど)。ボーダーの予定だったのに、結果はこんな模様になっちゃった これはこれで良いのかもだけど、手ぬぐいみたいな柄よね。まあ、巻いてしまえば柄はよく分からないからいいんだけどね。ログウッドは日光による退色が激しいらしいから、そのうち薄グレーになると思います。

_MG_2426.jpg

こちらは小さめの三角ストール。当日、Umiのいえさんで「もらって〜〜〜」と言われていただいたものだから、素材の素性は不明です。どなたかの使用済みのものだけど、染めることで新品に!落ち着いた、いかにも草木染めっぽい自然な藤色が素敵でしょ?豆乳処理してなかったので「色が入らないかもね〜〜〜」と先生と話してたから、嬉しい誤算。

_MG_2429.jpg

使ったものを染める時のリスクをひとつ。草木染めはタンパク質が染まりやすいから、このスポットは食べこぼしなどのタンパク質系のシミが染まったのね。ここまで激しく染まってます 本気で染める時は、新品のウールやシルクがいいのかなと思いました。

次回は夏。生葉を使った藍染めをします。素材はシルク。ミントグリーンに染めるんだぁ

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2881-1824f9c4
該当の記事は見つかりませんでした。