J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

レトロが素敵な服

IMG_4990.jpg

茅木真知子さんの「レトロが素敵な服(2003年)」が何だか一番作りやすそうです。というのは、ボン・キュッのラインは変わらないけど、ギャザーの分量がほどほどなの。長いスカートにたっぷりギャザーは、戦中・戦後のハリウッド的で憧れちゃうけど、裁断に苦労するし、何よりミシンがけで布を振り回すのにイライラちゃいますよね。

IMG_4991.jpg

これまで、茅木さんの昔の本を中古で買ったりして集めたけど、それはほどほどの中古金額だったから。これは、人気なのか中古なのに5,000円超ばかり。なので図書館で借りて、せっせと5着分写しました。たまたま基本の身頃をアレンジするものを選んだから、あとは使う時に折ったり貼ったりすれば使いまわせます。

IMG_4992.jpg

面倒がってそれぞれに型紙を作らず追加を部品にしたり、変更点を型紙にメモ書きしたことが心配といえば、かなり心配。実際に裁断する時に覚えているかどうか自分が信用できない

IMG_4993.jpg

これも写したかったけど、ヤル気が続かず諦らめました。多分、こんな服着て出かけることないと思うし、そもそもヒールの靴が必要な服はキツいな。

昔の茅木さんは、ご自身がお好きなレトロなラインの服本を出してたのに、最近の本はかなり妥協したふっくらライン。それでも、ファスナーがないと着られない細さだけど、、、、まあ、他のがゆるゆるだから、個人的な感想として「中途半端」な印象になってます。最新刊も借りたけど、作りたいものがなかったもの。

せっかく写したのだから、本ばかり眺めてないで、一枚くらい作りたいと思います

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2956-33e646e6
該当の記事は見つかりませんでした。