J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

食べるのに疲れた!地場野菜たっぷりランチ

IMG_5091.jpg

今日も海老名中央図書館に遊びに行きました。で、帰りに途中下車して相武台駅前の「Green Table」さんでランチにしました。ここ、先週の「あっぱれ神奈川大行進・座間編」で紹介されてた店。地元のオーガニック野菜をたっぷり使ったメニューが自慢ということだけど、確かに地元農園の有機野菜がタイトルについたメニューばかり。うんうん、野菜に力を入れているのは分かります。

しかし、実際食べてみてビックリ。わかりやすく言うと、「野菜が好きというわけではない」、「どっちかっていうと苦手」という人には全く無理な料理というか調理法。私がいただいたパスタが、たまたまそうだったのかも知れないけど

IMG_5090c.jpg

野菜はぶつ切り?とにかく大きい。タニタ食堂ばり。年寄りや子供はナイフでカットしないと食べられないサイズです。しかも、最低限の火入れ。パスタの量は少ないのに、冷えきるまで食べ終わらないという難攻不落の料理でした。

多分、食感や味付けより、新鮮野菜を食べろって感じなのね。私なら、お皿の中の食感を愉しむためにも、ポテトは下茹でしてホクホクに、ナスはしんなり、キュウリパリパリで小松菜はシャキっ。つまりは、野菜の下準備とフライパンへの投入時間に差をつけて調理するけど、こちらのは全てが一括投入みたいにバリバリ状態。

そのため、簡単には喉を通りません。ひたすら、噛む、噛む、噛む。外食でこんな経験は初めて。もちろん、お野菜は採れたてなので皆さん元気っていうのもあるけど、スジのない美味しい小松菜でさえ必死に噛んで飲み込みました

IMG_5088.jpg

ランチにはキュウリのヴィシソワーズとミニサラダがついてきます。スープはキュウリとポテトの取り合わせが面白く、美味しかったです。塩味もしっかりついてました。サラダはオイル・ビネガーがごく少量。塩味も見えないくらい。それもあり、まるでウサギのようにバリバリとやっつける感じ。硬いというより、野菜の背筋が伸びてて簡単には食べられないのよ。もっとゆっくり楽しみたかったな(1時間近くいたんだけど...)

途中までいつものようにゆっくり噛んでいたのもあるけど、食後はバスの時間までダイソーに寄るつもりだったのに、実際は発車時刻に間に合わないからラストスパートかけたくらい。学習したから、今度はもっと楽に食べられる旬のジェノベーゼにでもしようと思います とにかく、野菜とバトルした記憶しか残らない....税込み千円のランチでした。

Category : 食べ物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2965-d40a6aae
該当の記事は見つかりませんでした。