J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

夏の皮膚トラブルはアロマテラピー

IMG_5094.jpg

最近、汗疹や湿疹に悩まされていて、それらをアロマで治療中です。汗疹はスプレーローションで大分改善してきました。年かと思ったけど、きっとお家にいるせいね。冷房きいてるオフィスにいたら、汗疹なんてできるはずもないもん。それと、去年の秋〜春先まで右手人差し指第二関節が湿疹→乾燥でひび割れ&出血で酷いことになってました。その場しのぎで治療せずにいたら、とうとう患部の皮膚が固くなってしまいました 今年の秋までに治さないとまたパックリです。今更だけど、ここにはラベンダー軟膏を塗ってます。

★汗疹には
ティートリー
無水エタノール
フラワーウォーター
精製水

★アカギレっぽい湿疹には
シアバター
ラベンダーアングスティフォリア

化粧品ではないので、シンプルに効果のあるなしが判断できるレシピにしてます。

そんな手づくりローションや軟膏に加える精油は信頼できるものを使うのは言うまでもないけど、今回みたいに効果を期待する成分が明確な時はケモタイプ精油を使ってます。

ケモタイプ精油は、オーガニックや野生種を主に原料としているプラナロムがお気に入り。高いけど仕方ないです。

IMG_5101.jpg

歯医者は保険の利かない自由診療で手厚くケアし、その他の医者には全く行かない私。なのに健康保険に年間何十万もかけるのは納得いかないですよね 

そもそも、ワクチンしたことないけどインフルみたいな風邪や急性の病気になったことがないの。逆に慢性病や花粉症みたいなアレルギー持ち。つまりは、西洋医学のその場限りの治療には向かない体質ってことなんです。体質改善しか回復の見込みなし

ホリスティックケアをやってるけど、西洋医学を簡単に受け入れられる体質ならこんな面倒なことはしなかったと思います。でも、小さいころから医者の処方する薬で発疹や七転八倒(一週間水さえ吐き続ける)の苦しみを味わい、薬が恐怖の対象。なのに医者は人の話をちゃんと聞かずに、ホイホイ薬を出すから行かなくなったわけです。こうなったら、自分で何とかするしかないよね(自分で分からない病気は病院でお見立てだけしてもらいます)。

自分の中で経口薬は漢方ならOK、あとは自己責任でホメオパシー、ハーブ、アロマやクレイ&マクロビオティックのお手あてをしてます(動物にはホメオパシーがよく効きます)。全部まとめたら軽く片手超えの大枚つぎ込んでお勉強したんだから、ここで知識と経験を使わずしてどうします?ですよね ああ、自分で治療するレメディや精油は医療費として還付対象にしてほしいわ!

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2966-9d84432c
該当の記事は見つかりませんでした。