J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

帽子完成&お買い物

IMG_5290.jpg

KAOさんの帽子教室で作った2作目。春コースだから、どこかパルプ糸になってます。ただ、色を暗めで作ったので、秋もOKな雰囲気になってます。小雪さんの散歩にちょうど良いかも。そのつもりで作ったしね

IMG_5284.jpg

裏側はこんな感じ。最初、このストライプオックスを表にするつもりで作ってたけど、表から見たら控えたオックス部分がパイピングに見えて面白かったの。で、急遽表裏逆にしました。それと、被る時にブリムを折り返すと、ストライプ側が見えたほうが顔映りが良かったの。プロじゃないから、最初から完成品を正しく予想にするなんて無理な話。だから、こうして作りながら考える方がある意味正しいのかもです

ちなみに、左右で縫い合わせているのは、布をケチっているから。バイアスに裁つからだけど、布に余裕があれば1枚で裁つことも可能です。

IMG_5288.jpg

先生のサンプルを真似て、ちょっとオシャレしてみました。先生は、平紐を通してたけど、ストックに丁度よい色がなかったのでワイルドな革紐を通してます。ちょっと可愛くなりすぎだけど、使いみちがなかった刺繍のくるみボタンをアクセントに(ボタンは高いから、このために新たに買わない人=オシャレじゃない人...)。

実は、この革紐はサイズ調整にもなるのです。先生いわく、最近のカジュアル帽子はヘアスタイルを崩さないように大きめが主流。サイズ紐だけでなく、こうしたもので都度調節するほうが使い勝手も良くなるそうです。単なるオシャレではなく、ちゃんとした役目もあるのですねぇ。

IMG_5296.jpg

さらに、ステンレスコードで編んだ天然石のネックレスを二重巻きに。とにかく、何でも楽しく飾れば良いみたいですよ。

IMG_5282.jpg

ところで、ずーっと欲しかった中島重久堂の一番シンプルな鉛筆削りをゲットしました。近所の東急ハンズやLOFT、文具屋にはなくて、近々銀座の伊東屋で!と思ってたら、商品棚をリニューアルしたハンズ町田店で発見。諦らめず時々店を覗く!は正しい行動ですね。

この鉛筆削り、職人技と噂だけど、黒い飾り気のない商品にメモ(PP用紙にコピーしてある!)を添えただけのパッケージにそれが表れてます。デザイン、パッケージにさほどコストがかかってないのにお値段は400円。おそらく、性能以外に労力とコストをかけると、売値が上がるからでしょうね。買う側としてはゴミも出ないし嬉しい限りですけど...。

さて、鉛筆を製図に使う私には、削り上がりは満足いくものでした。というか、びっくりするほど先端がとんがってて、子供には危険だから使わせない方が安心な位。これ、下手しなくても凶器になりますよ

IMG_5297.jpg

もう一つ、本当にアホだけど、また買っちゃいました。クリスマス仕様のマンハッタナーズ。小物でも布でも、見たら素通りできず、ついついニヤけてしまうキャラクター。だって、この猫達は表情を見ているだけで幸せにしてくれるんだもの

IMG_5301.jpg

生地屋には、バッグや小物ではなくタペストリーにするくらい大柄なものもあります。OKADAYAさんは、それをこれ見よがしにエスカレーター横にディスプレイ。目が釘付けになって、人が来るのにエスカレーターに乗れないじゃん!

縫わないのに色違いで集めたりするから、マンハッタナーズ柄の布は増え続けどうにもこうにも。もはやマンハッタナーズコレクションです。最近猫流行りだし、色んなタイプの猫さん柄があるけれど、マンハッタナーズの色使いと筆のタッチがダントツに好き。特に、猫さんたちが微妙に不気味なところがツボってます これらは冬限定のパネルにしようかなぁ...。




Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2992-6047f1eb
該当の記事は見つかりませんでした。