J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

革っぽく見えるクイリングピアス

IMG_0783.jpg

ペーパークイリングのピアスです。金具類は昔やってたシルバー950のストック。何年かぶりにビアスをするから、なるべく肌に刺激のない金属ってことでシルバーをつけたけど、やっぱり純金でないから痒い感じがします それよか、放置したままのピアス穴が塞がってなくて良かったわ〜〜

ところで、これ、ちょっと革に見えませんか?コーティングしてない紙は、揮発系の薬剤が紙に染み込むことで色が濃くなります。すると紙→革に!(見えたり、見えなかったり...)個人的に革ってことにしてます。

海外のクイリング作品(イアリング)を見て真似ようとすると、実はとても大きいのです。まあ、クイリングに限ったことではなく、彼らは大ぶりのものを好むんだけど...つまりですねぇ、だからこその紙なのかなって。どんなに大きく作っても、金具やビーズをつけない限りは重さを感じることがないため耳が楽なの。特にビアスでなくイヤリングの人には嬉しい軽さだと思います。

作り方は適当です。コームに巻きつけて、1段ずつ斜めにずらし、毎回頂点付近で糊付け。シーラーはトップコートです。スワロフスキーをつけて頭に丸カン、ピアスパーツをつけたら完成。連結部分を隠すコイルはあとから差し込みました。ここのコイルは取り替え自由なので、色を替えたり素材自体別のものにすることもできます。

IMG_0779.jpg

話はかわって我が家の腎臓を患う猫の柚くんのこと。いつものようにハーネスで病院に。ただ、この日は外が見えるドア前の席が確保できずご機嫌ななめ。入れるはずもないバッグに頭つっこんでました。採血の時もいつもより大きな声で「ぎゃー」と鳴いて抗議。終わったあとは疲れたようでぐったりしてました。

検査結果は特に変化なし。飼い主に似て?コレステロール値が高いからダイエットをすすめられましたけど 柚も今年5月で18歳。保護した時は、♂だし14歳まで生きればいいやって思ってたけど、今は二十歳まで頑張れと言ってます。ますます甘ったれになって小雪に意地悪している爺猫です

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/3018-67ee551c
該当の記事は見つかりませんでした。