J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

やたらムズいフォールドローズ

IMG_0834.jpg

へたっぴーでスミマセン! デフューザーのスティックをクイリングのバラで飾ったものです。茎部分を伸縮性があり糊もついてるフローラルテープで隠すのではなく、普通のクイリング紙で巻いてるので厚みとゴツゴツ感があるけど、これはこう言うものなので気にせず見てくださいませ


てことで、昨日のクイリング講座では写真のフォールドローズを習いました。これ、コツを掴んで慣れるには相当な練習が必要ですねぇ。先生はスイスイなんだけど(当たり前か)。コツなんて全く掴めてない人がやると、せっかくクルクルした部分が簡単にスロットから抜けるし、キレイに折れないしでた〜〜いへんなの。私を含め、生徒さんはスロットも紙も身体もあちこちに傾きなから奮闘してましたわ

だって、真っ直ぐでハリのある紙をコイルみたいにスロットと平行に巻くのではなく、斜めに花びらを開かせながらクルクルするのよ。先生はスロットはまっすぐ立てたまま動かさずに、指でサポートしながら...はい、完成となるけど、こっちは分かっていても身体が動かない!あっちこっち押さえるので指の変なところに力が入り、続けてたら指がつりそうになります。とにかく、ちゃんど出来るようになるにはまだ先は長いということだけは分かりました。

個人的に、切り抜いた紙で作る立体花より、紐状の紙で作る方がクイリングの醍醐味かなって思うから、バラといえばこれが出来るようにならないといけませんね。出来たバラの完成度はどんだけ自分に厳しいかによるけど、その前に正しいフォームで作れるようにならないと。そうでないと本当に腱鞘炎になりそう!!

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/3019-3690f21a
該当の記事は見つかりませんでした。