水引の侘助

IMG_1850.jpg

母に頼まれて、水引で椿を作りました。このあと、髪飾りに仕立てます。ボリュームがあっても紙製だから重さはほとんど感じません。

作り方はテキトーだけど、何となくご希望の「侘助」になったかなと。個人的には侘助より、儚げな沙羅双樹が好き。まあ、あのピラピラ花びらは水引では表現できないけどねぇ、多分。

この椿の作り方は、全て淡路結びのアレンジです。それしか出来ないので 中心のシベは、椿ならではのボリュームってことで、一番簡単に先端を一結びしたものを何本も揃えました。本当は黄色が良かったけど、手持ちになかったから仕方ないです。まあ、金もいい感じゃない?どうせ日舞の発表会とかでつけると思うから派手めで。

IMG_1845_20170714105427ab8.jpg

最近水引でちょっとしたものを作るようになってわかったことがあります。それは、100均の水引はダメってこと。写真のものは水引で有名な長野産。やはり、曲げたりするとしなやかさが違います。100均のは曲がらず折れ曲がったりしたので値段の差はちゃんと出ますね。もちろん、100均のものでも作るものによっては問題ないと思いますけど。

今度は、赤・黄・濃緑の水引を買って、色だけリアル椿を作ってみようと思います
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment