J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

プレミアムホワイトなる日傘

IMG_1935.jpg

遅くなりましたが、日傘購入顛末のまとめです。先日購入したセール品日傘は重い・畳みづらい・さした途端傘の温度が急上昇と大失敗だったので、今度はケチらずちゃんとしたもの?を買いました。それが、マツコさんの番組で紹介されていた「プリミアムホワイト」なる日傘(右)です。お値段はどこも定価で、送料・税込み10,800円という、なかなかの御傘ですね。まあ、仕方ないです (左は比較用。先日骨が外れしまった、とても優秀な日傘)

ホワイトさんは前回買ったものよりUVカット率は落ちるものの、何と言ってもウリは傘下の温度。壊れた日傘も注文生産のお高い御傘で、同じように温度が下がることをウリにしていました。ただ、実際は左右傘を比較してどうなんでしょうか。ホワイトさんはシャリシャリした薄いポリ素材という見た目のせいか、暑いような...多分、日差しの強い日は比較したら確実に暑いと思います...。

IMG_1937.jpg

プレミアムホワイトの良い点は、とにかく軽い!ってこと。晴雨兼用だから、常にバッグに入れておく傘にピッタリです。お手軽さのデメリットとしては、2つ折だから径が小さく柄も細くて不安定です。風の強い日にさしていたら、煽られることはないものの傘があっちこっちに引っ張られるようにユラユラし、私も固定するのに四苦八苦しました。焦って周りを見ると、他の日傘女性は涼しい顔で歩いているから、きっとホワイトさんの構造上の問題かと思います。骨の素材に粘りがあるのかしら、とにかく折れる心配はないけどその分動きます

IMG_1938_20170905110245d3b.jpg

傘の素材についてですが、「なんだコレ!」ってくらいチャチです。何というか、ポリ袋みたいなの パリシャリ素材のせいでキレイには畳めません。写真の受注生産で半年待ちで手に入れた日傘は、晴雨兼用ではなく表面は布で裏だけビニールみたいなツルツルコーティングでした。一回折だから柄も太く頑丈。径もあるから日陰部分も広く安心です。ただ、それをかなえるため、長い、太い、重いという三重苦もついてきます。気軽にバッグに入れて持ち歩く代物ではありません。

結局、庶民には「理想的な日傘なんてない!」ってことなんでしょうね。とりあえず、前の傘は骨の修理をして使うことにします。持ち歩き用はホワイトさんと使い分けで行こうと思います。


Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/3062-846759ae
該当の記事は見つかりませんでした。