J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

今日の簡単ミニスイーツ

_MG_3459.jpg

ちょっとつまめるミニマドレーヌを焼きました。これは底辺直径が3センチというミニマフィン型で焼いているので、見た目はかなり小さいです。

_MG_3454.jpg

型はこんなのを使っています。中にグラシン紙を入れるので、事前の準備は不要です。生地を9分目程入れて焼くと、真ん中がぷっくら盛り上がり、コロコロのマドレーヌになります。昔はこんな便利なものはなく、アルミのマドレーヌ型で焼いていました。型にバターを塗り、粉をはたいて準備し、焼いた後は隅々まで苦労して洗っていました。それが、今は準備不要、使用後も拭く程度でお手入れいらずに焼けるのですから、おやつ作りも楽しくなります。でも、この型って、マドレーヌじゃなくてマフィンですね

_MG_3460.jpg

粉にドルチェを使っているせいか、かなりふんわりな軽い焼き上がり。ミニサイズなので周りがしっかり、中ふわふわが食べやすいと思います。重い洋菓子を食べつけない両親にも、ちょうど良いお土産になっています。

材料:(直径5cmマフィン型12個分)あっという間になくなる分量です
  • 薄力粉(ドルチェ)     60g
  • BP(アルミ不使用)    小1/2
  • よつ葉無塩バター      50g(レンジで溶かす)
  • ブラウンシュガー      40g
  • ミルクキャラメルパウダー  10g
  • メープルシロップ      20g
  • 昔の味たまご(L)     1個 
  • お好みでバニラエッセンス、ラム酒など
無農薬レモンが手に入ったら、レモンの皮をすり下ろして加えると王道マドレーヌになります。その時は、キャラメルパウダーは砂糖にし、メープルシロップはくせのない香りの蜂蜜にすると良いです。卵はチャリで20分くらい行った所に養鶏場がいくつもあり、その中で一番気に入っている卵です。町田東急ツインズイーストのナチュラルハウスでも手に入ります。バターはカルピスよりよつ葉のほうが黄色っぽいですが、やや安価で柔らかく、お菓子にはカルピスより使いやすいと思っています。甘みに三種類使っていますが、キャラメルパウダーは甘ったるく感じるので、ミニサイズにしない場合は使っていません。その場合は砂糖に置き換えます。

作り方:
  1. ボウルに卵を割入れ軽くほぐしたら、砂糖を数回にわけて加えてよく混ぜる。
  2. 1にメープルシロップをなじませたら、粉類⇒バター⇒好みの香りの順で加える。
  3. ボウルにラップをして生地を1時間~一晩寝かせる。
  4. 寝かせた3を型に流し入れて、180度のオーブンで15~20分焼く。


20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Category : 食べ物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/392-e02b366e
該当の記事は見つかりませんでした。