ゼリーみたいなドーム型キャンドル

_MG_5382.jpg
見ての通りドーム型のキャンドルです。相変わらず、やる気のない写真で申し訳ありません 

このキャンドルは作業がしやすいように、そして色の出具合も考慮して、融点や材質の違うワックスをブレンドして作っています。残念ながら型抜きした模様がいまひとつハッキリでず、「う~~ん」と言ったところですが、そのぼんやり加減が癒しに繋がるのかもしれませんにゃ

_MG_5396.jpg

型抜きの色がグラデーションしていたり、斑だったり、ツブツブだったりしてます。これは単純に染料でワックスに着色したシートを抜いているのではなく、ホイップした着色ワックスを使っているためです。ホイップするとワックスが粒状になるので、その色のツブツブが斑に見えています。どうしてこのやり方なのか、色のついたシートを抜いたほうが奇麗なのではないかといった疑問はありますが、それは好みの問題かと思います。あまりハッキリしてしまうと、その模様ばかりに目が行くし、気になるかなと。

お皿は料理に使う耐熱パイレックスですが、縁がレースになっているので火を灯すと放射線状に光の輪ができます。これは、ゼリーか??と思わせて、実はキャンドル! 丸ものフェチとしては、なんとも可愛い形で気に入っています。今度はシックな色合いで、大小の葉を流してみようかなぁ。

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment