J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

アロマで花粉症対策

P3120232のコヒ#12442;ー

花粉症歴うん十年の私ですが、年齢でしょうか、若い頃よりだんだんと症状がマシになってきています。夜に寝られない程ではありませんが、朝になると喉が痛いので、きっと口で呼吸してるんでしょうね それと、今年は目が痒くて辛いです。

昔から飲み薬はツムラ19番で、あとは目薬と点鼻薬。最近は病院に行く年もあれば、面倒で行かない年もあります。去年、今年は病院には行っていません。そのかわり、ネトルのカプセルを飲んでいます。多分、そんなに効かないと思いますが、ハーブによる民間療法ですね。

もちろん漢方を飲むには時期的に手遅れですから(私はやんごとなき理由がないかぎり西洋医学薬は飲みません)、クシャミはどうにもなりません。ならばと、馬油に抗ヒスタミン効果が期待できる精油を混ぜ混ぜした塗り薬を作ることにしました。

馬油はとっても便利で、手作り化粧品にも入れますし、花粉の季節には鼻の奥と目頭に入れて寝ています。目!と思うかも知れませんが、カユミが和らぐのと炎症を抑える効果があるので何も入れない馬油を塗っています。これは私には効きます。

さてさて、鼻用馬油ですが、抗ヒスタミン効果があると言われている精油の中から↓を選びました。
1.ユーカリ・ラディアタ
2.ラベンサラ
3.フェンネル


作り方は簡単。ちょうど残り少なくなっていた馬油の瓶に重量の1%弱の精油を直接ドロップしてガラス棒で混ぜ混ぜしただけ。実際に塗ってみると、スースー感はあるものの眠りの邪魔になる程ではなく、上手にできたと思います。ユーカリは覚醒効果もあるのですが、寝る時は関係ないものですね。

たまに、寝ていて突然咳き込むことがあるのですが、そんな時はベニシアさんが番組で作り方を紹介していたバームをリンパ腺や胸に塗ります。気休めですが、それがあるというだけで安心して咳もおさまります。困った時に効く、効かないは別として、心理的に安心して症状をやわらげるものを一つ持っていると良いですね。

ベニシアさんのレシピでは、ヴァセリン大4に、ユーカリグローブスとペバーミント同量を加えて練り練りしていました。濃度は重量の1%でした(生活の木の精油だと合計で12滴、GAIAだとドロップが小さいのでもっと必要になります)。私は、余っていた白ワセリンにユーカリラディアタ、ニアウリ、ペパーミントを入れました。

なお、ハンドメイドの民間療法は自己責任でお試しくださいませね。

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

つる says..."花粉症ですか・・・"
もうなってから何年になるかは数えてもいませんね、昔々のことですから・・・
漢方は症状が出る前に飲まなくてはいけないのでしょうね・・・でも大体遅いから・・・(笑)
この時期甘いものをやめると症状は軽くなるようですよ。
私は残念ながら西洋医学のお薬を飲んでいます、それがないと寝ているときにも鼻が流れて目が覚めます。
ハーブは先日タイに行ったときに体調が悪かったのかレモングラスだと思うのですがアレルギーを起こしちゃって・・・唇がたらこみたいにはれ上がっちゃったんです。
いたるところに使っているので舌の先がぴりぴりしちゃって・・・
でもご自分で色々作れると楽しいですよねぇ~
羨ましいなぁ~!
2012.03.16 15:31 | URL | #w0Z5NzB. [edit]
orange-paprika says..."Re: 花粉症ですか・・・"
★つるさん
こんにちは♪
漢方もハーブも合わないものや合わない人がいますよね。
注意が必要だと思います。
私の場合、西洋医学の薬で酷い目に何度もあっているので
母も私も恐くて飲めないのが実情。漢方も合わない人も
いますが、私はどれも平気みたいです。うまくしたものですね。
アロマやハーブは魔女のものだから、怪しいものだけど
民間療法だし、ST.マリアノヴェーラみたいにお高いメディカル
アロマもあるので合うものをみつけるのが良いのでしょうね。
だけど保険効かないから高いものは無理ですわ(涙)
2012.03.16 15:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/959-9ec6a010
該当の記事は見つかりませんでした。