J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

気づくと涙が出ている幸せな短編集

14572927_1069001226523372_2415707927013114804_n_201610061505011b8.jpg

インスタでfollowさせていただいているソーインガーさんが紹介されていた小川糸さんの「リボン」を読みました。小川糸さん...これまで読んだことなかったけど、大好きな映画「かたつむり食堂」の原作者なのね。あの世界観が大丈夫なら読めるかなと思い、「あつあつを召し上がれ」と一緒に借りてきました。

最初「あつあつ」を読み、続いて「リボン」を読むと、共通することがありました。それは、各短編の最後に突然ウルウルしたこと。これまで、映画でも本でも、泣くにはそれなりの山場があり、きっかけとなる出来事や言葉、予兆なりがありました。ところが、この二冊にはそれが全くないのです...そう、気づくと涙がこぼれてる。それも、何でこんなところで?て場面で。これまで、そんな経験をしたことがなかった(多分)からビックリです。

本来誰もが持っていて欲しい善だったり優しさに、私が生活の基本だと思っている丁寧で心のある手づくり(特に食べもの)といった理想みたいなものが詰まっていて、ドラマがない分安心してその日常に泣けました。

ということで、心地よい優しさを求め、別の作品も読んでみようと思います。何しろ、ガサツで近道大好きな私には、理想を思い出される大切な役割がありそうなので

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

「君の名は。」観てから読む

IMG_5269.jpg

観たい映画も、基本的に誘い人がいないと行かない私。学校の休み、連休には絶対に行かない派。TOHOマイレージのタダ観ポイントが数個あったのに、オンラインでチケットが手にはいらないのは面倒だから会費を払い続けるも一度も使うことなく今年ついに会員落した位の観無精。

そんな私がついに行ってきましたよ、「君の名は。」に。感動して最初から大泣きとの噂があり、ハンカチとティッシュをしっかり持って行ったのに、???どこで泣くの?でした。これは拍子抜け。唯一うるっと来たのが最後の二人のセリフの場面だけど、このセリフを言うのは予想できたから、ほんの一瞬の出来事でした。泣きに関してはとりあえず「ほっ」。

ストーリーを知らずに行ったので、これは大正解。スタートはコメディ仕立てだけど、間もなく「えっ、そういうことなの?」となった時に、鳥肌が立ちました。それ以降はテンポよく進むので、中だるみなど一切なく最後まで楽しめました。

聖地巡礼がニュースになっているように、背景の映像が写真のようにキレイでした。私が好きなのは東京の雪のシーン。見たことのない岐阜の風景より、東京の雪のほうがリアルに感じ取れました。それと、神木クンの声優っぷりも板についてきましたね。

とりあえず、パンフレットのかわりに文庫本を。映画→原作?は正解でした、この映画に関しては。新海誠さんがこの映画で何を伝えたいのかはさておき、とても美しい映像なので、DVDとかでなく大きなスクリーンで観ることをおすすめします。

IMG_5270.jpg

さて、写真は文庫本を探している時に目についたムック(神戸だかの店で有名な猫らしい..知らなかったよプーちゃん)。いい大人が猫かいな?って思ったけど、サイズや作りを見るという目的で買ってみました。この手のものって、JK未満の子供が持つのは普通。高齢者と呼ばれる方も子供と同じレベルで「あるよね」と思っている私。微妙なのがJK〜20代の中途半端なお年頃で、「それはないよね」と思うのが、それ以降〜老人手前の大人女性かなぁ。個人的に、動物、キャラクターものは持ちたくても極力我慢するひねくれ者。合皮は安っぽくみられるから大人にはないなと思うし...まあ、それを忘れて持つってことは、すっかり厚顔の年齢になったってことかしらねぇ。

IMG_5271.jpg

まあ、型紙取りとか理由をつけて買ったけど、実際にこの安っぽいバッグを斜めがけしてみたところ、あれ?「これもアリかな」となったのです。ひいき目かもだけど、違和感なく可愛い〜〜

IMG_5272.jpg

さすがに電車は無理でも、小雪さんと散歩がてら県立公園の木陰で読書するのにピッタリ。バッグに入れたままスマホ操作ができるのって、犬連れには便利なんですよ。

IMG_5273.jpg

ただ、スマホを出さないと写真が撮れないのは今ひとつかなぁ...あっ、そうだ、セルフィーには問題ないよね。まあ、私の場合、美しくないものは撮らないって人だから、やっぱり不便ですわ

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

ダンジョンNEWoMANでランチ

GISW7718.jpg

昨日は友人の舞台公演があったので、久しぶりに都会に出かけました せっかく都会に出るのだから、観劇しておえるのはもったいないですよね。そこで、前から行きたかったNEWoMANでランチをすることにしました。

都会、しかも初めての場所に行くからと、ネットでの下調べに余念のない私。すると、NEWoMANは私の認識と全然違うものと判明。つまりは、バスタの隣にビルがあって、全部入っていると思ってたらぜーんぜん違うの。どなたの書き込みも迷いやすいとか不便とかアクセスに関してはネガティブ発言多々でした。普通にしてて迷子になる私。不安はあったけど、時間に余裕を持って移動したので頑張ることにしました。

そんなこんなでたどり着いたのがGARDEN HOUSE(鎌倉のお店)。写真は本日のスペシャルランチ。ゆで卵とアボカドのオープンサンドに、冷製ポタージュとアールグレーで1,400円でした。

やはり都会は違うねぇ..。多分、同じ食材でもプレゼンテーションだけでなく、ちょっとしたところで味が全然違うの。付け合せのプチトマトはレーズンやナッツがまぶってて、簡単にドレッシングかけただけで終えてないし、ポタージュもしかり。なんか茶色のものがうずまきしてたり、ナッツだか雑穀だかのふりかけがアクセントに。食感が面白く、美味しくいただけました。ただ、パンの耳がナイフで切りづらく大格闘したけどね

エキナカとフードホールエリアは復路でJRからの乗換え時に寄ってみました(エキナカ利用のみは入場券が必要)。エキナカエリアは、ミライナタワー口を利用すると便利です。そのまま新南口から出てサザンテラス方面にあるフードホール経由で小田急線までお買い物しながら移動。ざっと拾ってみたけど、特筆するような味の店はなかったなと。エキナカって感じでした。

今回は、エキソトには行けなかったので(行き方が分からず)、今度挑戦してみようと思います。どうも、フードホールをつっきると行けるみたいなので(ホントかな?)。ちなみに、フードホールにある沢村のオーガニックダブルミルクスティック?だったかは、とろとろクリームがメチャ旨かった!普段クリーム食べてないせいかな..いや、生クリームが苦手な私でもこのクリームはいくらでも食べられそうでした

平日雨模様の昼から夕方にかけての混雑具合は、ファッション系はガラガラ。カフェ系は程よく。エキナカはラッシュ前なので構内広々空いてました。その中で唯一列を作っていたのが「800゜DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA 」昼も夕方も若い人が並んでました。休日にはどんだけの人が並ぶのかなぁ。

IMG_5217.jpg

さて、写真は差し入れに持って行ったもの。A4ポーチとひしお味噌です。カードはクイリングで飾ってみました。小さいものなので、通常13mmで作るバラを8mmにして巻いてます。これが小さくて作りづらいこと。ボンボンみたいなのも、1mm間隔くらいにハサミを入れてフリンジにしました。細かくて難しかったけど、これくらいのサイズのほうがカードには良いですね。細い仕事をしたくなった時に作りためておこうと思います

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

読者アンケートの景品が届いた

IMG_5197.jpg

ソーイングポシェ、コットンフレンド、そしてfavori。切手貼ってアンケート書いて応募した読者プレゼント。各社1〜2回はゲットしてるから、当選確率はかなり高いです。favoriも初出しで当たりました

やはり読者が少ないのかなぁ。それとも切手を貼ってわざわざ出さないのかなぁ。最近はネット応募ができるようにしてるから、各社切り替えが始まると、きっと今より応募数が増えて手当たりづらくなりますね。

とにかくクジ運がすこぶる悪い私。無駄を避けるためにも、理由もなくこの手のものは出しません。それでも出す理由はひとつ、意見を言いたいからなの。こうしてほしいとか、こうすると良いとか欄外まで書きまくります。パイの小さい世界だから、もしかしたら声が届くかもって期待してね。

さて、今回届いたのはタッセル用に発売された糸と、仮止め用の伸びる、くっつく糸。結び目が出来ないから、タッセルの首にピッタリなの。タッセルとこの糸に興味があったので嬉しいです。これを機会にタッセルを作ってみようかなって思います。上手に出来たら報告しますね

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

IL BISONTE BIBLEの付録

IMG_5145.jpg

バッグ本体は自分で作れるけど、ロゴやタグは作れないから(作れても犯罪になるからね)高いけど買いました、IL BISONTE BIBLE(税抜き2000円)。どうしようか三週間考えてたら、ネット店はこぞって在庫なしの状態に。ゲットしてオークションに出せばけっこう高く売れるよね

ネットは流行りに敏感な方が真っ先に買うからこの状態だけど、郊外の本屋には結構在庫があるもの。うちの地域は絶対に高いものは売れないの。都会のお高め有名店は、テナントの見直しで毎度撤退になるくらい。だから、こんなムックに二千円という高値じゃそうそう売れませんね。とはいっても、本屋で数冊見かけた翌々日に電話して取り置き依頼。その翌日受け取りに行った時には平置きに一冊もなかったからギリだったのかも。取り置き判断はGood Job私でした。

IMG_5150.jpg

帆布がいいなって思ってきたのはつい最近のこと。特に生成り。以前は、デザイン性のないただの袋だし、生成りは汚れるから苦手でした。でも、色々自分でやるようになると、汚れたら染めればいいじゃんて思えるように。お洋服もスーツは捨てて、ふだん着しかなくなったからこうしたバッグで十分でもあるし。何より、「染」という新しいことにチャレンジするチャンスだし。

帆布は、意外や洗いを推奨されない生地です。リネンと違って洗うと「育てる」ではなく、経年劣化感に繋がるからでしょうね。これは、あくまでも好みの問題だと思いますけど...。

IMG_5149.jpg

さてさて、汚れたら何色に染めようかな。これまで染色は茜とログウッド講座で2回だけ経験しました。ログウッドの灰色は好きだけど、コットンは染まりづらいし日光による退色が激しいから難しいなぁと。面倒だから講座で染めるわけで、自宅で染めた経験ゼロだし... まあ、その時になったら何を使うか考えようと思います。それまで、少しずつ勉強しておきましょう。

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。